3種の新型iPhone、前面パネルが出揃う。

 海外の有名リーカーBen Geskin氏は、Appleの次期iPhone 3機種の前面パネルをリークしました。3機種ともノッチを備えていることが伺えます。

 中央の6.1インチモデルのみ、ベゼルがほんの少し太いように見えます。

 Appleの2018年のスマートフォンは、5.8インチ有機ELのiPhone X・6.5インチ有機ELのiPhone X Plus・6.1インチ液晶の廉価版iPhoneの3モデルになると噂されています。6.1インチモデルのみ他とは画面方式が異なるため、若干ベゼルも異なると考えると、リークには信憑性が帯びますね。

 これら3つの前面パネルを元に、画面表示領域に壁紙をはめ込んだものが以下となります。実製品もこんな感じになりそうですね。

 いずれもノッチを備えていることから、True Depthセンサーシステムによる顔認識認証「Face ID」が利用できると見て間違いありません。廉価版モデルにおいてもFace IDが利用可能というのは大きなポイントと言えるでしょう。廉価版モデルはAppleがかなりの販売台数を見込んでいるとの予測もあります。

 2018年の新型iPhoneは、2018年9月以降、お披露目される見通しです。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はキャリア公式サイト