噂:次期iPhone、6.1インチ液晶モデルのみ発売が遅れる? すまほん!!

 Apple社は、2018年の新型スマートフォンとして、3種類のiPhoneを発表すると噂されています。

 そのうち、2機種は有機ELを備え、残り1機種が6.1インチ液晶モデルとなり、これが安価な普及モデルの役を担うともっぱらの噂です。最近ではこの液晶をJDIとLGが供給するとも報じられています。

iphone 2018-notch

(Ben Geskin氏のリークした前面パネルを元に、同氏がアップロードした製品予想イメージ。中央が6.1型iPhone)

 しかしAppleは、この6.1インチモデルは生産上の問題により、発売を遅らせる可能性があるとのこと。

 これはMorgan StanleyのアナリストKaty Huberty氏が指摘しているもの。それによると、iPhone X同様ベゼルレス・ノッチ形状のデザインにより、有機ELモデルの生産には問題がないものの、液晶では生産が難しくなり、登場が1ヶ月遅れる可能性があるとしています。

6.1inch-iphone

BGRのリークした、ケース装着時の6.1型iPhoneのイメージ。前面は液晶ながらiPhone Xのデザインを踏襲している)

 Ming Chi Kuo氏も液晶の生産が遅れる可能性があるとしつつも、それも織り込み済みで、9月に発売することができるとの予測でしたが、今回のKaty Huberty氏のレポートはそれを否定するものとなります。

 6.1インチの液晶モデルに人気が集中するとの予測がある一方で、10月まで出荷が開始されないとすればAppleの第4四半期の販売台数は伸びないことがありえます。

 ただ、9月末までにOLED採用iPhoneが販売されるということは、Appleにとって利益の少ない液晶モデルではなく、利益率の極めて高い高級モデルのみ購入可能な期間ができることで、Appleの収益には好影響となると考えられます。

 2017年のiPhoneは、液晶のiPhone 8 / 8 Plusが9月に発売され、有機ELのiPhone Xが11月に発売されています。

 Appleは今年、9月以降に新製品発表会を行います。3モデルのうちどれを買うか、今から考えながら楽しみに待ちたいところです。