2つの新型iPad、認証機関で発見。

26647-38357-ipad-pro-face-ID-mockup-l

 海外ブログConsomacは、ユーラシア経済連合の執行機関ユーラシア経済委員会の認証データベースに、Appleの未発表端末が2機種登録されたことを発見しました。

 型番はA1895とA1980の2種類で、この2つのデバイスはiOS 11を搭載しています。この2種はiPhoneではなくiPadであると考えられています。

eec-13jui18

 4月に発見された11機種は、OSがiOS11からiOS12に変更。型番はA1920、A1921、A1984、A2097、A2098、A2099、 A2101、A2103、A2014、A2015、A2016。

 また、7月初めにはA1876、A2013、A1934、A1979も発見されています。

 いずれもこれまでに正式発表された端末とは型番が異なるため、未発表の新機種であると考えられます。リストには製品名は含まれていませんが、いずれもiOSデバイスであることは間違いありません。

 今回新たに発見された未知のiPadは、TrueDepthカメラによるFace IDとベゼルレスディスプレイを搭載した新型iPadであると予想されています。

 ユーラシア経済委員会への資料提出は、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、ロシアでデバイスを販売する企業が行っています。通常、ここにリストアップされた製品は数ヶ月以内に販売されます。