噂:次期iPadにはノッチあり?Face ID対応を示す証拠

ipad-notch

 ノッチ(画面上部の切り欠き)を備えたiPhone Xは、ユーザーの間で賛否両論を巻き起こしましたが、この波がiPadにも押し寄せる可能性がありそうです。

 開発者Steve Troughton-Smith氏は、iOS 12 ベータ版から、iOS 12向けのAnimojiのAvatarKitフレームワークを発見しました。

 Animojiは、iPhone Xにのみ提供されている機能です。iPhone Xはノッチ部分にTrue Depthセンサーシステムを搭載しており、このセンサーでユーザーの顔を3D認識し、顔面認証によるロック解除やAnimojiを利用できます。

 Animojiは、ユーザーの顔をリアルタイム認識、その動きを絵文字のキャラクターの表情に投影できる仕組みです。

 iOS 12がiPad向けAnimojiに対応するということは、次期iPadにはTrue Depthが搭載されるということであり、True Depthが搭載されるということはそのための物理スペース、つまりノッチがある可能性も高い、というわけですね。もちろん、Galaxyのようにあえてノッチを備えないという可能性もありそうですが。

 また、今回Steve Troughton-Smith氏の公開したiPad向けAnimojiのスクリーンショットは、横画面で撮影されていることにも注目したいですね。AnimojiはiPhone Xでも横画面では使えませんでした。これは顔認識があくまで縦画面時のみ対応していることによるもの。このためiPhone Xでは横画面の状態ではロック画面を解除できず不便でした。

 しかし氏のスクリーンショットから推測するに、iOS12以降、横持ち時の顔認証にも対応するのでしょう。スマホ以上にタブレットでは横画面使用が多いでしょうしね。妥当な変更です。

Sponsored Links

 iPadの新機種がFace ID対応となることは以前から噂されており、ついにそれを裏付ける証拠が出てきたと考えられます。

 全てのiPadがFace IDを搭載するのか、iPad Proなど一部モデルに留まるのか、現時点では不明です。新機種の登場を楽しみに待ちたいところです。