噂:Xperia XZ3シリーズ、8月30日発表。多眼化・縦長化が進む

ifa

 Xperia Blogは、Sony Mobileがベルリンにて開催のIFA2018に合わせ、新製品発表会を開くと伝えました。発表日時は、現地時間で2018年8月30日午後1時。

 Sony Mobileは毎年IFAに合わせて新しいフラッグシップモデルの発表を行い続けているので、次期フラッグシップが発表されることが期待されています。順当に行けばXperia XZ3シリーズが登場することが噂されています。

 スマートフォンのトレンドである「多眼化」。Xperiaシリーズはこのトレンドに大きく乗り遅れていることが指摘されています。この「多眼化」の流れに乗るのが次期Xperia XZ3シリーズではないかと噂されています。海外フォーラムESATOにリークされたのが以下の画像。リアカメラ2つ、フロントカメラ2つ、計4つのカメラが並んでいます。中国で関係者向けに展示されたもののリークでしょうか?

esato

 Xperia XZ3は、Snapdragon 845、実行6GBメモリ、解像度2880×1440(QHD+)の5.9インチディスプレイ、Android Pを搭載するとの情報があります。解像度2880×1440の画面比率は、XZ2同様18:9であり縦長です。

xperia-xz3

(XZ3のコンセプトイメージ 画像出典:vortex.ge

 Xperia XZ3以外には、順当に行けばXperia XZ3 Compactが登場するのではとの噂もあります。

 他には、型番H8616の機体です。UAProfで明らかになったところによれば、H8616は解像度3840×1920ピクセルの4Kディスプレイを搭載しています。おそらくXperia XZ3 Premiumでしょうか。

 この解像度の情報は興味深いですね。Xperia Premiumシリーズは伝統的に4Kディスプレイを搭載したファブレットで、これまで3840×2160ピクセルの解像度を維持してきました。画面比率は、従来の16:9です。

 ところが、スマートフォン業界ではベゼルレス化・縦長化が急速に進んでいます。18:9や19:9の縦長ディスプレイがトレンドであり、激しい競争の行われている点です。そのようなトレンドを無視し、最新のXZ2 Premiumにおいてさえ、未だに16:9を頑なに維持し、上下に極太のベゼルが存在することに対し、あまりにもトレンドからかけ離れたSony Mobileの保守的な姿勢を批判する声もありました。

 これについては2つの観点があるでしょう。4Kファブレットというのは動画視聴が主目的であり、多くの映像作品が16:9の比率で作られていることから、動画視聴を重視するデバイスとしては縦長化が必ずしも求められていないこと。そして何より、Xperiaの搭載するQualcommのチップセットのサポートする解像度の上限が3840×2160であったことから、ディスプレイを3840ピクセル以上の長さにして縦長化するという選択肢が不可能であったことが推測できます。

 高さ3840ピクセルを延長するのではなく、幅2160を縮小することで縦長化を実現する、それが解像度3840×1920のディスプレイを搭載したXperia XZ3 Premium H8616だとすれば、色々と合点がいきます。3840×1920は画面比率で言えば2:1、つまりトレンドの18:9です。縦長化すると同時にベゼルレス化も達成できることでしょう。

 トレンドからかけ離れ、もはや競争する気もないのかと、ファンから失望の声が漏れていたXperiaシリーズ。最近ではSony Mobileの海外公式ブログが、スマホでの防水や4Kなどのトレンドをいち早く切り開いてきたブランドであるとアピールしており、ユーザーからXperiaブランドは時代遅れとみなされているという問題点を、Sony Mobileも認識していることが伺えます。現在リークされている情報からは、Xperiaが再びトレンドを追うことが読み取れます。期待してXperiaの次の一手を見守りたいところです。