噂:YouTube Music、ついに日本でも9月以降サービス開始

Android_All_English

 Apple関係者を中心に様々な情報源を持つブログ「Macお宝鑑定団Blog」は、YouTubeの音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」が2018年9月以降開始されると伝えました。音楽業界の「各レーベルメーカーの動きが慌ただしくなっている」とのこと。

 YouTubeミュージックは、2018年5月からサービスを開始した音楽ストリーミングサービス。既に世界17カ国以上での提供が開始されています。ここに日本も加わることになります。

 「YouTube Music」の公式ページは、日本からアクセスすると、「まもなく登場」という表示がされ、開始告知をいち早くメールアドレスに受け取れるようになっています。

スクリーンショット 2018-07-30 16.20.56

 YouTube Musicであれば、アルバム/シングル再生・各種プレイリスト・自動選曲ラジオ機能、ダウンロード/バックグラウンド再生などが利用できます。

 料金体系は、広告なしの有料プラン「YouTube Music Premium」と、広告ありで無料のプラン。さらに同世帯居住の最大5人と有料プランを共有できるファミリープランがあります。

 Google Play Musicの事実上の後継サービスに近い存在で、ユーザーはYouTube Music Premiumへの乗り換えも可能ですが、当面は両者併存でサービス継続される見通し。

 SpotifyやApple Music、Amazon Music Unlimitedに対抗するサービスであると考えられています。昨今のスマートスピーカーの競争においては、こうした音楽ストリーミングサービスも重要な鍵を握っており、本格的にYouTube Musicの展開国が増えればGoogle Homeの推進にも一役買うことになるでしょう。各社の競争激化に注目です。