噂:Huawei Mate 20 Pro、シリーズ最大容量のバッテリーを搭載へ

 Pocket-lintはHuaweiの次期製品の販促ポップと思しきものをリークしました。

mate20pro-battery

 P10 Plus、Mate 10 Plus、P20 Proよりも大きな電池容量を持った機種を投入することがわかります。

 PシリーズのフラッグシップとMateシリーズのフラッグシップが交互にリリースされているので、ここで発表される機種はMate 20 Proであると考えるのが順当です。Mate 20 Proが少なくとも4000mAhよりも大きい電池容量を持つことを期待できます。

 ちなみにAscend Mate 7は容量4100mAhの電池を搭載していたので、これよりも多い方がファンに対しては誠実ですね。噂によればMate 20 Proの電池容量は4200mAhとも。

 電池容量以外に噂されている仕様としては、Kirin 980チップセット、6.3型有機ELディスプレイ、実行6GBメモリ、128GBストレージ、上位モデルへの画面内指紋認証センサー搭載などがあります。

 2018年8月末から9月初旬にかけて独ベルリン市にて開催されるIFA2018において、Kirin 980とMate 20 Proが正式発表される見通しです。