噂:市場調査会社がまとめた次期iPhone 3モデルの仕様と価格。

 台湾の市場調査会社「Trend Force」は、レポートにおいて、Appleの次期iPhoneの価格予測を掲載しました。3つのiPhoneは以下の通り。

2018-iPhones-specs-highlights

  廉価 X後継 Plus
実行メモリ 3GB 4GB
 ストレージ 64GB / 256GB 64GB / 256GB / 512GB
画面 6.06型 5.85型 6.46型
画面方式 液晶 有機EL
生体認証 Face ID

 レポートによるとAppleは、6.1インチ液晶モデルを699ドル(記事執筆時点での日本円換算で約7万7500円)から749ドル(約8万3千円)で発売するかもしれないとのこと。

 手頃な価格で高性能な端末を販売することで市場シェアを拡大する中国メーカーとの競争の結果、昨年のiPhoneが販売予想を下回ったことから、より価格の安いiPhoneを投入することによってテコ入れすると考えられています。

 通称「廉価版iPhone」とはいえ、極端に安いというわけではなさそうですね。あくまでHuawei P20 Proに対するHuawei P20のような位置づけでしょう。

 5.8インチ有機ELモデルの一番安いストレージオプションの価格が、899ドル(約9万9500円)または949ドル(約10万5千円)になると予想します。現在の開始価格が999ドル(約11万円)なので、Samsung Displayとの交渉に成功したのか多少安くはなっていますが、依然として高額ではある印象。

 6.5インチ有機ELモデルはプレミアムビジネス層をもターゲットにし、開始価格は999ドル(約11万円)になるとのこと。デュアルSIM対応版は「特定の地域」に限定されるとしています。

 TrendForceは有機EL搭載iPhoneがApple Pencilをサポートするとも予想しています。

 3モデルの発売日は、全て9月と10月であるとのこと。正式発表を楽しみにしておきたいところです。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はキャリア公式サイト