噂:次期iPad ProはTouch IDなし・ノッチなし。開発者ベータから判明

 2018年に登場する次期iPad Pro。どのようなデザインとなるのか、Face IDのためにノッチが付くのではという噂や予測イメージが飛び交い、愛好者の間では戦々恐々でした。

ipad-notch

 次期iPad Proのデザインのヒントとなるアイコンが、iOS 12 Beta 5、つまり最新の開発者向けベータ版に登場しました。

 バッテリー使用状況のインターフェースにあるiPadを象ったアイコンが、新しくなっています。従来よりもベゼルレス化し、従来の指紋認証センサー内蔵ホームボタン「Touch ID」が消滅しています。

ipad-pro-notch

 これはAppleが次期iPad ProにおいてFace IDに対応するという噂を補強するものになります。iPhone / iPadがこれまでに背面や画面内に指紋認証センサーを配置したことはないからです。

 最近のiPhoneやAndroid端末は、しばしば画面上部にノッチと呼ばれる切り欠きを設けることで、顔認証関連の部品を配置してきましたが、そのような切り欠きを確認できないため、iPad ProのTrue Depthセンサーはベゼル内に埋め込まれる可能性が高そうです。

 これまでの噂のうち、信憑性の高いものでは、Face ID対応のためのTrue Depthセンサーがどのような場所に配置されるのか、ノッチ搭載の有無は、という点についてはあまり触れられてきませんでした。今回、このアイコンを見つけた人は大きな収穫でしたね。

 同様にソフトウェアのアイコンから次期製品のデザインが漏れた例としては、HomePodのファームウェアに含まれていたノッチつきiPhone Xがあります。

 アイコンの他にも、iPad ProのFace ID対応を示すコードも見つかっており、これまでの噂の確度を上げています。

 このほかiPad Proに関して伝えられる噂としては、より高性能なプロセッサー、ヘッドホンジャック廃止スマートコネクターの位置変更など。9月12日に開催が予測されている新製品発表会でiPhoneと一緒に発表されるのか、それとも10月の別のイベントで発表されるのかは不明です。