iPad ProのCADレンダリング。巨大iPhone SEデザイン、やはり縦利用前提?

 MySmartPriceは、有名リーカーOnLeaksと共同し、次期iPad Pro 12.9(2018)のCADベースのレンダリングを公開しました。側面が丸くなくなり、巨大化したiPhone SEかのような印象を受けます。リークを掲載したMySmartPriceはXperia XZ3のレンダリング画像などのリーク実績があります。

iPad-Pro-12-9-2018-5K3-1068x580

 ホームボタンは廃止され、ノッチなしでベゼルレス化。ベゼルにはFaceIDの存在が予想されます。充電ポートは底部で、3.5mmイヤホンジャックは無し。側面には計4つのスピーカーグリル。寸法は高さ280.6mm、幅215mm、厚み5.85mm。

 スマートコネクターはやはり充電端子の上。スマートコネクターとは別に、謎のパーツの存在を確認できますが、それが何なのか、MySmartPriceもOnLeaksもわからないとのこと。

InkediPad-Pro-12-9-2018-013-1068x580_LI

Sponsored Links

 また、このスマートコネクターの位置から、Face IDの横向きでの利用に対応できず、スマートキーボードカバー利用時は垂直で固定するというが本当なのではないかとMySmartPriceは推測しています。噂通りであれば次世代機種はかなり使いにくそうですね。

 しかしFace IDが横向きで利用できないというのはありえるのでしょうか?現行のiPhone Xの顔認証ロック解除は使いにくいシチュエーションもあり、結局パスコード入力を要求される場面もあるなど、不満です。対応する向きを増やすほど認証速度が落ちる可能性はありますが、その辺りはジャイロセンサーとの組み合わせでどうにでもなるだろと思うのですが。

 これは推測ですが、TrueDepthセンサーの感知範囲が狭く、巨大なiPad Pro 12.9では、横持ち時に顔を完璧に検知できないのかもしれません。よって縦持ち利用が前提なのではと。

 他社は横向き保持でも顔認証に対応し、顔認識とは別に指紋認証センサーを背面なり前面なり画面内なりに搭載するなどして、ロック解除の精度速度を確保し、ユーザーにストレスを与えないようにしています。次期iPad Proも素直にTouch IDを引き続き搭載するなり、画面内指紋認証センサーでも搭載していればいいと思うのですが……はたして?