Google Pixel 3、やはりドコモとソフトバンクから発売か

Pixel-3-vs-Pixel-3-XL

 Google Pixel 3をNTT docomoとSoftBankが取り扱うことになったと、日本経済新聞が報じました。

 Googleのスマートフォンブランド「Pixel」は、GoogleのAndroid OSの最新版を試せることから、事実上のリファレンスモデルであり、初代PixelとPixel 2の販売されていない日本のAndroid開発は絶望的な状況でした。そこで今回のPixel 3販売は朗報というわけです。

 GoogleのPixelの前身であったNexusスマートフォン以来のキャリアからの販売となります。

 日経は以前からPixel 3投入についてドコモとソフトバンクと交渉中であったと報じており、それを追認するものとなります。日経曰く価格は7万円以上。SIMフリーで販売されるかどうかは不明ですが、楽しみにしておきたいところです。

 Pixel 3 / 3 XLはSnapdragon 845を採用、Pixel 3 XLは画面上部にノッチを備えるなど、既にリークによって全貌が明らかとなっています。Pixel 3 XLChromecastが発表前に購入できてしまうなど、何もかもガバガバであり、今回、Googleは漏洩もプロモーションの一環として考えているのかもしれませんね。