噂:サムスン、Galaxy S10に「ホール型ノッチ」採用か

 Samsungは、SDC2018において、今後のスマートフォン用に4種類のInfinityディスプレイを発表しました。

samsung-galaxy-notch-Infinity-U-O-V-display

 Infinity-UInfinity-Vは、上部中央にインカメラを備えており、それぞれU字の切欠きとV字の切り欠きを備えます。Essential PhoneやAQUOSのノッチと同じ位置ですが、より小さそうに見えます。

 Infinity-Oは画面端に小さい穴があり、そこにインカメラを搭載します。以前伝えられていたUPSのようなものでしょうか?

 New Infinityにはノッチがありません。

 iPhoneやPixelのように巨大なノッチではないとはいえ、これまで頑なに「ノッチなし」にこだわってきたSamsungだけに、若干の方針転換を感じます。

 数々のリーク的中実績を誇るevleaksことEvan Blass氏は、Samsungの次期フラッグシップモデルGalaxy S10が、ノッチのないNew Infinityではなく、ホール型ノッチのInfinity-Oを採用すると伝えました。

 さらに画面内蔵型の超音波指紋認証センサーや、標準/広角/望遠構成のトリプルレンズカメラ、Android Pie向けの「One UI」をユーザーインターフェイスに採用すると伝えています。

Sponsored Links

 もしホール型ノッチが採用されたら?というコンセプトイメージを、Ben Geskin氏が公開しています。

 賛否両論ありそうなホール型ノッチ。果たしてGalaxy S10はどのような形でお目見えするのでしょうか。楽しみにしておきたいところです。

続報:これがInfinity-Oディスプレイ?パーツがリーク