Apple Watch S4、watchOS 5.1.2で心電図機能有効化か?海外サイトが内部文書

IMG_0126

 Appleの最新情報に精通した海外サイトMacRumorsは、独自に入手した内部文書「Apple Store Training Document」を元に、現在ベータテスト中のwatchOS 5.1.2の一般配布によって、Apple Watch Series 4でECG機能が有効化されると伝えました。

 ECGはつまり心電図のこと。Apple Watchを装着することで心臓の活動の様子を記録するもの。

Sponsored Links

 心電図データの記録は、ペアリングしたiPhoneのHealthアプリで収集。Appleのドキュメントによれば、「iPhone 5以降、iOS 12.1.1」が最小動作要件として設定されているとのこと。

 Apple WatchからECGを読み取るには、時計を装着した状態で、デジタルクラウンに指を置き、30秒経過を待つ必要があるとしています。現時点では「診療デバイスであることを意図していない、従来の診療を置き換えることを意図していない」と顧客に説明するよう指示がされているとのこと。まだ未成熟なデバイスですから、そういう説明もやむなしでしょうね。

 医療分野に関わってくる機能であるため、まずはFDA(アメリカ食品医薬品局)認証を取得、アメリカで利用できることが明らかとなっています。

 世界中で販売されているApple Watch Series 4モデルには、ハードウェアとしてはECG搭載するものの、あくまで将来の機能拡張に備えてのもの。watchOS 5.1.2が公開される時点では米国外では利用できないものと見られます。日本では厚生労働省への資格登録・認可というハードルがあります。

 日本の役所の規制といえば、つい郵政省を思い浮かべて馬鹿げたものを想像しがちですが、しかし心電図計という国民の生命に関わる分野だけに何らかの規制は当然であり、それでも厚生労働省として国民の利用できる機器を拡大できるよう承認過程を米国式に近付けて環境整備も行ってきているだけに、今後の展開には期待したいところ。

Sponsored Links

 watchOS 5.1.2とiOS 12.1.1のリリース時期は不明ですが、そう遠くないうちにリリースされるだろうとしています。