噂:Xperia XZ4、側面指紋認証センサー復活・三眼カメラ・超縦長21:9 ・肥満解消へ

 数々のリーク的中実績を誇るMySmartPriceは、有名リーカーOnLeaksことSteve Hemmerstoffer氏と連携し、Sony Mobileの次期フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ4」のCADレンダリングを公開。独占情報としてリーク記事を掲載しました。

XPERIA_XZ4_5K2_rslpfd

 アンビエントフロー採用で大きく見た目が変わったため賛否両論を巻き起こしたXperiaですが、Xperia XZ4はZ~XZ1への揺り戻しが見られます。背面はガラス素材ですが、アンビエントフローをやめてフラットに。イヤホンジャックはなく、上部にSIMトレイを確認できます。

Sponsored Links

 端子は下部にUSB Type-C、指紋認証センサーは側面。背面カメラはXperiaシリーズ初となるトリプルレンズカメラ。カメラシャッターキーの存在も確認できます。

XPERIA_XZ4_7_c1od1q

 配置が悪く不評だった背面指紋認証センサーが廃止され、Xperia Z5以降の側面に位置が戻っているのが印象的です。

XPERIA_XZ4_12_pynxbz

 XZ3の両端ラウンドエッジも取りやめたのでしょうか、前面もほぼフラット。縦長ディスプレイで、下部のベゼルもより切り詰められた印象があります。アスペクト比率18:9、画面サイズは6.5インチとのこと。

追記:MySmartPriceは情報を修正、画面比率は21:9とのこと。これはいまだかつてスマホ史上なかったもの。シネスコの画面比率をスマートフォンに持ち込み、ソニーらしさとスマホトレンドの最先端を両取りする、素晴らしい新一手です。。6.5インチも対角線計算なので思ったよりも幅は狭いでしょう。

XPERIA_XZ4_1_co0xmt

 筐体寸法は高さ166.9mm、幅72.4mm、厚み8.2mm。かなり薄くなりました。

 ランチパックとも揶揄され不評だったXZ2は厚み11.1mm、XZ2 Premiumが11.9mm、改善の進んだXZ3でも9.9mmでした。

Sponsored Links

 アンビエントフローのモデルは厚いだけでなく背面の曲面ガラスによってかなり重くなってしまっていましたが、XZ4がフラット化・薄型化するとすれば、本体重量の減少、つまり軽量化も期待できそうです。

 2019年2月に開催されるMWC2019にて正式発表される見通しです。