噂:アップル、2019年にiPad mini 5を発売か?廉価版ベゼルレスiPadも すまほん!!

 Appleが新型iPad miniと、フォームファクタを変更した廉価版iPadを発売する予定だと、MacRumorsが伝えました。ソースは中時電子報で、日本の有力ブログ「Macお宝鑑定団Blog」経由となっています。

 iPad miniは、2015年に発売された第4世代モデル以降、これを現在でも細々と販売し続け、新型が登場していません。

apple-ipad-mini-4

(iPad mini 4)

Sponsored Links

 中時電子報によれば、iPad mini 5は、12月末までに量産が開始され、2019年第1四半期(1~3月)までに発売されるとのこと。

 iPad mini 5の目玉は低価格とのこと。現在のラインナップに残されたiPad mini 4は128GBモデルで、399ドルからとなっているので、このラインナップには大きな値下げ余地があると言えます。

 iPad mini 5は、Apple関連の製品予測で高い的中率を誇るMing-Chi Kuo氏のレポートにも登場しており、期待の持てるところです。

 また、2018年に登場した廉価版iPadは、従来通りの外観で低価格ながらもApple Pencil対応という製品でした。しかし2019年後半登場の廉価版iPadは、9.7インチよりも少し大きい10インチとなり、フォームファクタが変更されるとのこと。ベゼルレス仕様に期待できそうです。

ipad_5th_generation

(廉価版iPadこと9.7型iPad (2018))

Sponsored Links

 これらの新型iPadについて、日本製LEDの調達量を減らし、韓国製LEDに切り替えることで、製造コストを削減する計画とのことです。