噂:OPPOとソニーも折り畳み端末開発か?

foldable-oppo-patent

 LetsGoDigitalやAndroid Worldなどの海外サイトは、中国深センでOPPOに取材、OPPO役員ががMWC2019にて折り畳みスマホをお披露目すると伝えました。

 それによると、OPPOのプロダクトマネージャーChuck Wang氏はMWC2019にて実機を展示する予定と述べたとのこと。

Sponsored Links

 MWCとは、Mobile World Congressの略称。スペインバルセロナで2月下旬に毎年開催される国際携帯見本市のことです。

 Wang氏は「サムスンとソニーが折りたたみ式の端末を開発していることは分かっているが、MWCなどでOPPOから折り畳み端末についてさらに多くのニュースを期待できる」と述べたとしています。

 丸型の穴にフロントカメラを埋め込むことでノッチを最小化する試み、HuaweiやSamsungのInfinity-Oについて、OPPOが急いで採用するつもりはなく、2020年までそうした端末を投入するつもりはないとしました。

samsung-galaxy-notch-Infinity-U-O-V-display

 2013年にOPPO N1で回転式カメラ、2018年にOPPO Find Xで昇降式カメラを導入したOPPOなら、新基軸の端末にも積極的に取り組んでくれそうだという期待感はあります。それにしてもSONYの名前が挙がるのはびっくりですね。ちゃんと対立メーカーの情報は収集しているということなのでしょうか。

 これまでSONYが最新の折り畳み端末を開発しているという情報はありません。確固たる情報の裏付けのある発言なのか、他のメーカーと間違えているのかは不明です。他にもHuaweiやLenovoも同種の端末を開発していると噂されています。

Sponsored Links

 SONYは過去にSony Tablet Pのような折りたたみ端末を投入したこともあり、今回のOPPO役員の発言がもし事実であればファンとしては喜ばしいことでしょう。MWC2019ではよりSONYらしい端末の投入が示唆されており、楽しみなところです。

sony-tablet-p

(Sony Tablet P)