噂:次期BlackBerry「Adula」が発見される

 BlackBerryの話題を専門的に取り扱う海外サイト「CrackBerry」は、BlackBerry端末にプリインストールされているセキュリティアプリケーション「DTEK」内部から、開発コードネーム「Adula」で呼ばれる、型番BBI100の機体に関するコードを複数発見したとのこと。

Sponsored Links

 このことから、少なくとも1台以上の次期BlackBerry端末が開発中であることが伺えます。しかしそれ以上の情報は不明です。

 BlackBerry(旧RIM)は、BlackBerryのブランド使用権を付与する形で、他のメーカーにスマートフォンの製造を行わせています。現在BlackBerryの製造を行っているのはTCL、Optiemus Infracom、BB Merah Putihの3社といわれています。

 このうちTCLは中国メーカーで、伝統的な前面物理QWERTYを搭載したBlackBerry KEYone、Key2をリリースしてきたメーカーであるだけに、TCL製BlackBerryの登場は待望です。TCLは苦境も伝えられているだけに少し心配ではありますが。

 OptiemusはフルタッチのBlackBerry Evolveシリーズをリリースしてきた、インドのメーカーです。海外サイトPhoneArenaは、Adulaがインドの地名であることからOptiemus担当の機体ではないかと推測しているようですね。

(BlackBerry Evolve)

Sponsored Links

 2019年2月25日~28日にかけて開催されるMWC2019にて発表される可能性もありそうです。Key2は非常に出来が良かったので、次の機体が楽しみです。次期BlackBerryに期待しましょう。