噂:意外と少ない?折り畳みGalaxyのバッテリー容量がリーク。 すまほん!!

 Samsungは、折りたたみ式の端末をついに今年、発売します。開発コードネームはWinner、型番はSM-F900、製品名はGalaxy F / Galaxy Foldなどと伝えられています。依然として端末の一部がお披露目されたのみで、詳細は不明となっています。

samsung-galaxy-f-flex

 色々と気になることはありますが、その一つが電池。折り曲げ構造上、電池配置や形状は気になるポイント。一体どのぐらい外で使うことができるのか?

Sponsored Links

 Galaxy Fの電池容量は当初3100mAh×2(6200mAh)として想定されていたのに対し、海外のSamsung情報について伝えているドイツのWebサイトAllAboutSamsungは、この情報を否定。AllAboutSamsungの情報源によれば、実際の電池容量は2200mAh×2(4400mAh)しかないとのこと。情報の確度は100%ではないと付記しています。 

 電池が2つというのは、折りたたみ構造上、両側に配置されているということなのでしょう。スマートフォン基準では4400mAhは少し多めですが、タブレット端末としてはやや心もとないところ。ただし端末コンセプトを考えると「普段はスマホとして使い、ここぞというところで開いてタブレットとして使う」というものになりそうですから、コンセプト通りの使い方をするなら許容できるかもしれません。タブレットモードメインだとちょっとつらいかもしれませんね。

 さらに、これも100%正しいとは限らないとしつつ、SM-F900は実行12GBメモリと、512GB/1TBストレージを備えているだろうとのこと。

 長年開発されてきたデバイスで、意外にもリークは漠然とし、実機画像が出てこないのは、プロトタイプの数が限られ、簡単に写真を撮れないようになっているからとのこと。やはり社運を賭けたプロジェクトだけあって強固なリーク対策が施されているようです。