噂:2019年発売のiPhoneはWi-Fi6や三眼、FaceID改善など すまほん!!

iPhone-XI-rendaring

 2019年に発売されるiPhone 11シリーズについて様々な噂が飛び交っています。9to5Macが伝えました。

Sponsored Links

 Barclaysによると、iPhone 11は「Wi-Fi 6(ax)」をサポートするとのこと。「802.11n(Wi-Fi 4)」、「802.11ac(Wi-Fi 5)」に続く最新世代のWi-Fi規格で、高速・省電力が特徴です。

 アンテナにはMPIを採用し歩留まりを改善するとしています。

 また、Appleに関する予測レポートで高い的中率を誇るMing-Chi Kuo氏によれば、顔認識認証「Face ID」が改善されるとのこと。環境光による影響を減らし認識精度が高まるものと見られます。

 米ウォール・ストリート・ジャーナルは、2019年のiPhoneは液晶搭載モデルもあるとのことで、XR後継機(iPhone XIR?)も存在するかもしれません。

 さらに、2019年モデルは3機種で、そのうち2機はデュアルレンズカメラ、もう1機、6.5型のiPhone Max最新機(iPhone XI Max?)はトリプルレンズカメラを備えていると報じました。

Sponsored Links

 Huaweiなど中国メーカーを皮切りにスマホのカメラは多眼化が進んでいます。iPhoneの3番目のカメラがどのような機能を持つのか気になりますね。RGBか、モノクロか、広角か、深度か、様々な可能性が考えられます。楽しみですね。

 このほか、Qualcommとの裁判から、Appleの幹部が2019年iPhoneに5G対応するためMediaTekやSamsungのチップを検討していることがわかっています。5G対応の有無もあわせて注目しておきたいところです。