噂:iPhone XI Maxのスペックがリーク、大容量4000mAh電池となめらか高駆動画面?(追記あり) すまほん!!

 中国Weiboにて、リークアカウントC科技は、iPhone XI Maxに関する情報を伝えました。

iPhone-XI

(リークに基づいたレンダリング、Ben Geskin氏作成)

 これまでの噂通り、ノッチは小型化。カメラはトリプルレンズに。構成は、広角+超広角・3倍望遠であるとのこと。

 バッテリー容量は、4000mAhと大容量に。15Wワイヤレス急速充電にも対応するとしています。最大7.5Wのワイヤレス充電が限界だったiOSデバイスとしては、より高速になるのは喜ばしいところ。

 既にAndroidデバイスでは達成されているような内容ですが、AppleのiOSスマートフォンの旗艦デバイスがこれらに対応するという意義は大きいでしょう。

 ディスプレイは90-120Hzになる、ともしています。C科技が指し示すものは一体何なのか?

Sponsored Links

 タッチサンプルレートはiPhone XS / XS Max / XRにおいて、既に120Hz化を達成しており、元々良好なiOSデバイスのタッチ操作が、指への認識がより正確に、追従性高くなっています。しかしこれらのデバイスではリフレッシュレート、画面の書き換えに関しては依然として60Hzに留まっています。

 このことから、あえてC科技が90-120Hzと書いたということは、画面のリフレッシュレートが向上するという意味と考えるのが自然と言えそうです。

 ほとんどのスマートフォンの画面は60Hz駆動です。一部SHARPのAQUOSやRazer Phone、iPad Proが120Hz液晶、ASUSのROG Phoneが90Hz有機ELとなっています。もしここにきてiPhone XIシリーズが90Hzになれば、90fpsの滑らかな描画で遊べるリッチなモバイルゲームタイトルが増加する可能性があり、楽しみなところです。

razer-phone-2

(Razer Phone 2)

Sponsored Links

 まだ噂レベルの段階ではありますが、試作機の外観など、次期iPhoneに関するリークは例年より早いペースで行われているように見えます。まだまだ他にも情報が出てきそうなところですね。

追記:有名リーカーBen Geskin氏はこの情報を否定しています。