噂:有名リーカーがiPhone XIの背面レンダリング公開、三眼カメラ搭載に

 数多くのリーク的中実績を持つ情報通、有名リーカーOnleaksことSteve Hemmerstoffer氏は、海外Webサイトdigitに、次期iPhone XI(iPhone 11)のレンダリングを提供しました。

iPhone-XI-rendaring

Sponsored Links

 トリプルレンズカメラとLEDフラッシュライトの存在を確認できます。カメラ部分の厚みのある領域がかなり大きいことを伺えます。

 AppleがiPhoneに3D ToFセンサーを採用するとブルームバーグは報じており、三眼のうち一つがこれに相当する可能性もあります。Oppo R17 Proなどもそうした試みをしています。

iphone11

 このモデルがXR後継機、XS後継機、XS Max後継機なのかは不明ですが、Appleとしてトリプルレンズという新境地に達する以上、おそらくXSまたはXS Maxの後継機ではないかと推測され、記事では「iPhone XI」と呼称されています。

 2019年にAppleは3つの新型iPhoneを発売し、現在のラインナップを継続する予定であるとのこと。そのうちの一つが、今回リークされたレンダリングの機体であるとのことです。

iPhone-XI

 OnLeaksは、2019年のiPhoneがまだ開発のEVT(技術検証、初期段階)にあるとし、実際に発売される製品とは異なっている可能性もあるとしています。つまりプロトタイプということです。新型iPhone発売はまだまだ先のはずですから、異例の早さ。

 次期iPhoneの噂自体はいつでもいくらでも出てきますが、リーク的中実績の多い有名リーカーがここまで早い時期に自信を持ってレンダリングを公開した、というところで、特筆に値すると思います。

Sponsored Links

 OnLeaks曰く、新型iPhoneの発表はAppleは2019年9月。トリプルレンズ採用によって背面カメラのデザインはかなり独特になった印象ですが、消費者に受け入れられるかどうか、どのような画質を実現できるのか、楽しみにしておきたいところですね。