スライド式機構でノッチなし、リークに基づくOnePlus 7イメージ

 未発表OnePlus 7と現行OnePlus 6Tが並んだとするリーク画像が出回っていますが、外観を見えなくするためのケースがはめられていて、モヤモヤするものでした。

oneplus7-proto

 見えている部分からは、スライド機構を備えているのではと推定されていました。外観保護ケースの上部が大きく、フロントカメラと近接センサーの穴まであるのに、そこには何も入っていないように見えるためです。利用時のみせり上がってくるというのであれば合点がいきます。

 今回、リーク画像をベースとして、Ben Geskin氏が作成した再現レンダリング画像が公開されました。OPPO Find Xのようなスライド機構に、フロントカメラと近接センサーの存在を確認できます。

oneplus7

 右側面部分にはボタンが2つあり、アラートスライダーでしょう。水滴ノッチなどもなく、かなりのベゼルレス化を達成できています。OnePlusシリーズのデザインも踏まえて精巧に作られており、実際の外観に近そうに見えます。

oneplus-7

 スライド機構は、親会社のOPPOのFind Xや、ライバルであるHuaweiサブブランドHonorのMagic 2、XiaomiのMi MIX 3にも備わっています。

 今後の主流なのか、飛び道具なのか、このフォームファクタがどのような評価を受けるのか見ものです。

Sponsored Links

 また、国内外ギークの支持の厚いOnePlusであるだけに、従来ファンからの声も特に気になりますね。ソフトウェア(のカスタムしやすさ)や「フラッグシップキラー」を謳うコスパが魅力ですが、スライド機構によって値段が底上げになる可能性もあるため、歓迎されるかどうかは未知数です。

 OnePlusは今後数ヶ月の間にOnePlus 7や5G対応デバイスを発売する可能性があると考えられています。Snapdragon 855をいち早く搭載するデバイスがOnePlusから登場するとも噂されています。