折り曲げGalaxy、2019年2月20日詳細発表へ! すまほん!!

 韓国Samsungは、2019年2月20日に新製品発表会「Galaxy Unpacked」を行います。

 発表される機種としては、次期フラッグシップスマートフォンGalaxy S10シリーズの「S10 / S10+ / S10e」の3種類が噂されていますが、この他に、折りたたみ式のスマートフォンも発表されることが確実となりました。

Sponsored Links

 というのも、SamsungはTwitter公式アカウントにて2月11日、折れ曲がった画面に文字が流れるティザー動画を公開したからです。

 モバイルの未来が「unfold(展開する)」と伝えました。fold(折りたたむ)したものが、広がるわけです。言葉遊びが上手いですね。ここで発表されるものは、明らかに折り畳みGalaxyでしょう。2018年11月に一部お披露目された機体の詳細がいよいよ明かされることになります。

samsung-galaxy-f-flex

 現時点までに、この機体についてわかっているのは、「Infinity Flex ディスプレイ」と呼称する7.3インチ折り曲げ有機EL(1536×2152ピクセル)を搭載、閉じるとアスペクト比21:9の4.6インチディスプレイ(840×1960ピクセル)で片手操作できる、新基軸のAndroid端末だということです。

samsung-foldable-phone-specs-1

 名称については諸説あり、Galaxy F、Galaxy Fold、Galaxy Flex、Samsung Flexなどが候補とされています。

Sponsored Links

 その他の噂としては、容量4400mAh電池、Galaxy S10同様のトリプルレンズカメラ、価格2000ドル前後(約22万円)などです。かなり手が届きにくいように感じます。

 これにGalaxy Note譲りのスタイラスS-Penを搭載すると面白そうだなぁと思う半面、画面中央の折り目部分にペンが引っかかって描き心地が悪そうだなと想像してしまいますし、今のところS-Penに対応するという噂はほとんどありません。

 このほか、Huaweiも5G折り畳みスマホをMWC2019で発表する予定です。