噂:2019年、iPhoneはUSB Type-C・背面3Dカメラ・三眼・ダークモード対応、iPad mini 5も登場か すまほん!!

 英Bloombergは、Appleの計画をよく知る筋を情報源として、2019年に登場する次期iPhoneについて報じました。

Sponsored Links

 2019年はiPhone XS・XS Max・XRの後継機、つまり3モデルが登場するとしています。

 次期iPhoneで採用のトリプルレンズカメラは、広角やズームに用いられるとしています。Live Photosは3秒から6秒に増やすとのこと。

 3Dカメラシステムを顔認識のために前面に搭載してきたのがiPhone X以降ですが、Bloombergによれば、より強力な3Dカメラを背面に搭載し、現実空間の3Dマッピングを15フィート(4.5m)まで可能にするとしています。技術方式では既存のドットプロジェクションではなく、長距離でも深度測定に向くレーザースキャナを用いるとのことです。カメラセンサーについてソニーと協議中であるとしています。

 やはり3Dカメラシステムの技術は顔認識だけではなく、よりARの発展を推し進めるためのの布石であったと考えられますね。

 レーザー3Dカメラは2020年春にはiPad Proへのアップグレードで搭載される可能性があるとのこと。2019年内はiPad Proのメジャーアップデートをリリースしないとしています。

 2012年以来Lightning端子を採用してきたiPhoneですが、いよいよ今年のiPhoneのいくつかのバージョンをテスト、その中にUSB Type-C搭載モデルが含まれているとのこと。iPad Pro同様、最終的にiPhoneもUSB Type-Cへの切り替えを計画しているようです。USB Type-Cはリバーシブルで様々な機器との接続性に優れているのでユーザーとしても嬉しいですし、EUはAppleに標準規格への変更を迫っているので、十分にありえる話です。

Sponsored Links

 iPhoneの5G対応は2020年になるとしています。

 iPadについては、今春には10インチで高速なプロセッサを搭載した低価格iPadをリリースするとしています。iPad 9.7の後継機でしょうね。端子はLightningを維持するとしています。

 加えて、新しく安いiPad miniが登場するとのこと。iPad mini 4の登場から3年以上経っていますが、ようやくiPad mini 5が出るということで、後継機を待ち望んでいた人には朗報ですね。

 iOS 13では、夜間でも見やすいダークモードオプションや、車載ソフトCarPlay改善、iPad専用ホーム画面、同じブラウザを2つのウィンドウで並べる機能などを備えているとのこと。iPadは12.9インチモデルが登場してもなお、間延びしたホーム画面で、タブレットという大画面にふさわしいUIになっていないので、ここにテコ入れが入るのは魅力的です。

 楽しみになる情報がたくさん出てきましたね。各製品の正式発表が楽しみなところです。