雷軍CEO、Xiaomi Mi 9のより詳しい仕様を明らかに すまほん!!

 Xiaomiの雷軍CEOは、次期フラッグシップスマートフォンXiaomi Mi 9の仕様について小出しにするティザーを中国Weibo上にて展開中です。

 まず、前面画面占有率は90.7%というかなりのベゼルレス仕様になるとのこと。Mi 8は83.66%で、iPhone XS Maxは84.29%なので、より狭額縁になることが伺えます。

 前面保護はCorning Gorilla Glass 6、画面サイズは6.4インチ、解像度はFHD+(2220 × 1080)、画面輝度は屋外でも視認性の高い600nits、画面方式はSamsung製の有機ELパネル「AMOLED」になるとのこと。iPhone XS Maxが625nitsなので同じぐらいですね。ゲームモードやナイトモードも用意されるとのこと。

Sponsored Links

 前世代のMi 8 Exploler Editionに搭載されたものより25%高速な最新の画面内指紋認証センサーを搭載するとしています。

 最新ハイエンドプロセッサSnapdragon 855や、48MP+12MP望遠+16MP超広角のトリプルレンズカメラを備えることがわかっています。超広角を活かした作例サンプルがこちら。

 このほか伝えられる噂としては、Mi 9は6GB / 128GBおよび8GB / 256GBと、Mi 9 Explorer Editionは透過背面で構成は10GB/512GBというものです。

 2019年2月20日に正式発表される見通しです。