噂:ようやくOIS、RAW対応!2月25日発表の「Xperia 1」など詳細仕様がリーク

 海外サイト91mobilesは、独占情報として、MWC2019で発表されるXperiaシリーズの全モデルの機能・価格についてリークしました。

Sponsored Links

フラッグシップ:Xperia 1

(evleaksがリークした紫のXperia 1)

 フラッグシップモデルは(Xperia XZ4ではなく)やはり「Xperia 1」となるようです。リーク済みのパープルに加え、新たに存在が判明したのはこちら、グレイとシルバーの2色。

 ディスプレイは、Cinema-Wideのブランド名を冠する、アスペクト比21:9の6.5インチ4K HDR 有機EL。縦長になることで画面領域はXZ3比で30%拡大するとしています。かなりのベゼルレス化が伺えます。映像処理エンジンはBRAVIA X1。前面と背面の両方にCorning Gorilla Glass 6を採用するとのこと。IP68防水防塵。指紋認証センサーは右側面。

 背面のトリプルレンズカメラは3つの12MPカメラであるとのこと。構成は、通常+超広角+光学手ブレ補正付き望遠とのことです。次はOIS搭載、と言われ続けてもう5年以上、未だにOIS非搭載のXperiaでしたが、ようやく尻に火がついたようです。

 動画撮影は21:9比率にも対応、4K HDR録画可能とのことです。デュアルピクセルテクノロジーによって低照度撮影も得意としています。8MPフロントカメラの自撮りによって3D Creator機能で自分自身の3Dアバターの作成も可能とのことです。

 静止画はついにRAW形式で保存可能とのこと。2015年、Android OSはバージョン5.0以降、DNGでRAW撮影に対応しており、当時カメラに優位性がまだあったXperiaも、ファンからは当然RAW対応に期待を持たれていましたが、結局未だに対応していませんでした。

 スペックは、Snapdragon 855、実行6GBメモリ、128GBストレージ、microSDカードスロット、デュアルSIM、4G LTE、USB Type-C、急速充電、容量3300mAh電池、Android 9 Pie。

 価格は1099スイスフラン(約12万2000円)。発売日は6月中。仕様はなかなか良さそうですが、発売の遅さと価格の高さはネックかもしれませんね。

 特にカメラ機能の強化は気になるところ。カメラ事業もやっていて、スマホ向けカメラセンサーもやっているソニー、これからスマホに求められる機能はカメラ、2014年Xperia出荷は4000万台で世界上位、これはソニーが圧倒的優位を活かして天下を取るに違いない、皆がそう思っていた5年前ですが、まさか5年間ここまで転げ落ちる一方だとは誰も思わなかったでしょう。

 やらなければならないことをようやくやりつつ、他社に先んじる21:9ディスプレイの採用など、見どころのある機種が久しぶりに出てきたのではないでしょうか。Xperia 1にて逆転なるか、注目したいところです。

ミッドレンジ:Xperia 10

 Xperia 10はアスペクト比21:9の6インチフルHD+ディスプレイ。OSはPie。実行メモリは3GB、ストレージは64GB、SoCはSnapdragon 630。カメラは5MP+13MP。電池は2870mAh。指紋認証センサーは側面。

 価格は399スイスフラン(4万4千円)。発売日は4月初旬。

ミッドレンジ:Xperia 10 Plus

 Xperia 10 PlusはFHD+、6.5インチ21:9ディスプレイ。SoCはSnapdragon 636、実行4GBメモリ、64GBストレージ、12MP+8MPカメラ。フロントカメラは8MP。電池は3000mAh。指紋認証センサーは側面。

 価格は499スイスフラン(5万5千円)。発売は4月初旬。

Sponsored Links

ローエンド:Xperia L3

 18:9の5.7インチHD+。OSはOreo。3GBメモリ、MediaTek 6762。13MP+2MPカメラ。前面8MPカメラ。電池は3300mAh。価格は199スイスフラン(2万2千円)。4月上旬発売。