噂:「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」が次期中位帯Xperiaの名称に。XA3ではなく

 独WinFutureは、Sony MobileがMWC2019で発表する次期ミッドレンジスマートフォンとして伝えられていた「Xperia XA3」「Xperia XA3 PlusUltra)」が、実際には「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」の名称で登場すると伝えました。名称変更に関する情報源は業界筋。

Sponsored Links

 時を同じくして新進気鋭のリーカーIshan Agarwal氏も独占情報として名称変更を伝えており、変更後の製品名はやはり「Xperia 10」で一致しています。iPhone X(10)への便乗で、10周年記念という意味でしょうか。「Xperia X10(国内ではSO-01B)」をちょっと思い出して紛らわしいですね。

xperiaz3compact02

 画面のアスペクト比はシネスコ21:9比率。解像度はFHD+で、ピクセルは高さ2560×幅1080。つまりFHDディスプレイの高さのみをWQHDに拡大した、超縦長ディスプレイであるということです。

 Xperia 10は5.9インチ、Xperia 10 Plusは6.5インチになると伝えられています。5.9インチや6.5インチと聞くとかなり大きい画面サイズを想像しますが、インチ計算は対角線であるため実際の横幅は5インチ前後相当でしょう。単に縦方向に長いので、WebブラウジングやSNS閲覧には絶大な威力を発揮する一方、スマートフォン向けの動画コンテンツの大半はこの比率に対応しておらず、動画視聴には必ずしも向いていなさそうです。

‏ スペックについて、Xperia 10は、SoCはQualcomm Snapdragon 630オクタコア、実行メモリは3GB、ストレージ容量は64GB+microSDカードスロット、8MPフロントカメラ、13MP+5MPデュアルカメラ、4Kビデオ撮影対応、容量2870mAh電池。欧州向け価格は349ユーロ(約4万3500円)。Xperia 10 PlusはS660、4GBメモリで429ユーロ(約5万3600円)。

 Xperia 10 / 10 Plusは、2019年2月25日、正式にお披露目される見通しです。

Sponsored Links

 Xperia XAシリーズは今後、このネーミングで行くとすれば、2020年モデルはXperia 11になるのでしょうか?

 ちなみに初代XperiaであるXperia X1の発売は2008年です。

(初代XperiaであるX1)

 Xperia XZ4については名称はどうなるのでしょうか。Xperia 10シリーズと同時発表と思われますが、こちらもあわせて気になるところです。