レノボZ6 Pro、一億画素カメラ搭載か?

 いち早くS855・12GBメモリを搭載した「Lenovo Z5 Pro GT」など、ハイスペックモデルを矢継ぎ早に投入しているLenovo。その次期フラッグシップスマホ「Lenovo Z6 Pro」について、LenovoグループChang Cheng副社長は、「亿级像素(1億画素) 」であると投稿しました。IThomeが伝えました。

 海外サイトGizchinaはLenovoの誇張癖から注意深く見る必要があるといいます。

 Qualcommは今年、100MPカメラ搭載のスマートフォンが登場することを認めているので、その搭載第一号が、Lenovo Z6 Proになるのかもしれません。

Sponsored Links

 現在、市場に出ているスマートフォンはP20 Proが4000万画素、Xiaomi Mi 9が4800万画素カメラを搭載しています。順調に画素数は増えており、確かにこの調子なら1億画素カメラも時間の問題かもしれませんね。カメラセンサーモジュールの製造メーカーが気になるところです。

 しかしそれだけの画素数を詰め込んで、果たしてどれだけの意味があるのか、という気もします。確かに望遠時の処理で優位性が見いだせるかもしれません。しかし画素あたりのサイズが小さくなれば取り込める光も減るなどデメリットも想定されます。携帯キャリア主導の閉鎖市場以外で全く通用しない、数字だけの無意味な進化の袋小路の末に絶滅したガラケーの轍を踏まず、センサーサイズ大型化などを伴い、カタログスペックだけではなく実際の画質も向上する、堅実な進化が期待されるところです。

 Lenovo Z6 ProはSnapdragon 855を搭載、5Gに対応、早ければ2019年4月にも発表、6月に発売されると伝えられています。