噂:次期iPhoneは「水中モード」対応? すまほん!!

 サプライチェーン筋に強固な情報網を持ち、Appleの次期製品を的確に予測し続けている証券アナリストMing-Chi Kuo氏は、次期iPhoneについての予測レポートを公表しました。

Sponsored Links

 2019年9月に発表されるiPhoneはやはり3モデル。5.8インチiPhone XI、6.4インチiPhone XI Max、6.1インチiPhone XR(2019)という構成になるとのこと。折りたたみや5G対応はないようです。

 XI / XI Maxについては有機ELディスプレイを搭載する一方で、XRは依然として液晶を採用。また、いずれもUSB Type-Cへの切り替えは期待していないとのことです。

 iPhone XI / XI MaxはToFカメラを追加したトリプルレンズカメラを持ち、赤外線により被写体までの距離を計測、リアカメラで奥行き・深度をより正確に測定できるとしています。つまりAR機能の強化というわけです。

 また、XDAのWeinbach氏によれば、新しいiPhoneには特許取得済みの「水中モード」が搭載され、水中でもタッチパネルを利用可能とのこと。

Sponsored Links

 かつて防水Xperiaの物理カメラシャッターキーは水中でも撮影可能という点がアピールされた時期もありますが、もしiPhoneが水中操作可能となれば、その優位性の一つを失うことになります。

 また、Appleは2019年モデルのHaptic Engineを9分割するとのこと。例えば左上隅で押し込まれれば、指への触覚フィードバックの振動はその箇所から感じられるということになります。

 新型機にはダークモードなど新機能に対応したiOS13がプリインストールされ出荷される見通し。