噂:iPhone XI / XI Maxのカメラデザインが判明 すまほん!!

 数々のリーク実績を誇るOnLeaks氏は、iPhone XIおよびiPhone XI Maxの寸法情報に基づく精緻なレンダーを作成、海外サイトCashKaro.comに提供しました。

 相変わらずノッチは健在。USB Type-C端子は非搭載、Lightningを継続。カメラは三眼。カメラ部分は平坦なガラスで構成、周囲から出っ張る形に。LEDフラッシュは右上に配置。

Sponsored Links

(iPhone XI)

 巨大なトリプルレンズカメラが圧倒的なインパクトを放っています。白色だとさらに強烈な印象。蓮コラみたいですね。

(iPhone XI Max)

 このようなデザインのカメラ配置はかなり賛否両論がありそうです。似たような多眼配置としてはHuawei Mate 20 Proがあります。先行例もあまり美しいものではありませんでしたが、それでも均等配置と背面中央配置、全カラーオプションでカメラ全体を黒色統一するなど、うまくデザインに落とし込もうとする努力は感じさせます。

(Huawei Mate 20 Pro)

 細かいところでは本体側面のマナースイッチの形状が円形へと変更されています。

 Ben Geskin氏も同じ配置のトリプルレンズカメラを備えた次期iPhoneの、別のレンダー画像を添付し、カメラに大規模な強化が行われる、カメラがセールスポイントになると投稿し、このカメラ配置になることを追認しています。

Sponsored Links

 このようなデザインになることは、次期iPhoneの図面や部品とされるリークから、噂になっていました。ここにきて有名リーカーたちが同様のリークを行ったことで、その信憑性が高まった形です。