噂:OnePlus7は「低価格版」含んだ3モデル展開に。ダブルエッジ、ノッチなし

(Weiboで出回っているOnePlus7の画像。ノッチなし、ダブルエッジ)

 OnePlus社が次期OnePlus 7において、「低価格版 OnePlus 7」を発売し、さらに「LTE版 OnePlus 7 Pro」と「5G版 OnePlus 7 Pro」を加えた計3モデル展開にすると、Ishan Agarwal氏が伝えました。

Sponsored Links

 Ishan Agarwal氏は新進気鋭のリーカーであり、最近のリーク実績として、Sony Mobileのミッドレンジ「Xperia XA」シリーズの最新機種の製品名が「Xperia 10」になることを的中させました。

 Weiboで出回っている画像を紹介した上で、開発機であり100%確実というわけではないことを付記しつつ、次期OnePlus 7シリーズの3モデルは、投入市場によって発売されるモデルが異なるといいます。5Gモデルは特定市場向けのみになるとのこと。

 OnePlusはこれまで「1年に2回のフラッグシップ更新(6ヶ月ペース)」という販売サイクルで、最新のトレンドを盛り込んだ機種を矢継ぎ早に投入する攻めの路線で拡大してきました。ここにきて、このサイクルが大きく変更される可能性があります。

 各世代のフラッグシップに、3つの異なる価格のモデルがリリースされるのは、最近の各社の傾向を踏まえると理に適っています。AppleはiPhone XR / XS / XS Max、SamsungはGalaxy S10e / S10 / S10 Plusにおいてこれを行っており、少なくともSamsungに関しては、初速の販売数は前年比で好調な出だしを記録したと、韓国メディアなどが報じています。GoogleもPixelの廉価版投入が噂されています。こうした成功例、トレンドにOnePlusも乗るということでしょうか。

 Agarwal氏は公式パンフレットもリーク。「Go Beyond Speed」がOnePlus7のキャッチフレーズになるようです。発売時期は2019年5月以降になるとのことです。

Sponsored Links

 次期OnePlus 7については様々なリークがなされています。ポップアップするセルフィー用カメラを備えていると、OnLeaksなどが伝えています