噂:ソニーの最新型左右独立型イヤホンがリーク。急速充電対応、ノイズキャンセル使用時6時間駆動など着実に性能改善か すまほん!!

 中国の有名リーカーZackbuks氏は、フランスのウェブサイトからの情報として、ソニーの新しいワイヤレスイヤホン「WF-1000X M3」の情報を伝えました。

 初代モデルとなる「WF-1000X」は、左右独立型のワイヤレスイヤホン。第2世代モデルが長らく登場していませんでした。

Sponsored Links

(WF-1000X)

 しかし今回の情報が正しければ、第2世代モデルを飛ばして、一気に第3世代モデルが登場することになります。

 「WF-1000X M3」は、カラーリングはブラックとベージュの2色となり、引き続き左右独立型の形状を維持するようです。デザインはより高級感を演出するものに変更されています。どっちもカッコいいですね。ケースにはNFCマークも見えますので、Androidスマホと簡単にペアリングできそうです。

 性能・仕様は以下の通り。

Sponsored Links
  • Bluetooth 5.0
  • 内蔵DAC 24/192kHz
  • FLAC、AIFF、 WAV、DSD対応
  • 6mmドーム型ダイアフラム技術
  • QN1eプロセッサ
  • ノイズリダクション時 電池6時間駆動
  • 充電ケース込で24時間使用
  • 10分間の急速充電で90分使用可能

 WF-1000X M3は「QN1eプロセッサ」を搭載し、両側に搭載の高性能マイクで音を拾い、周囲の騒音を相殺するノイズキャンセリングに対応します。左右どちらかのボタンを長押しするとクイックリマインダーやアンビエントサウンドモードを呼び出せるとのこと。

 10分間の急速充電を行うだけで、90分間使用可能なのは良いですね。ノイズキャンセルを使用しても電池駆動時間は6時間となっており、かなり性能が良さそうです。

 初代WF-1000Xは接続安定性が低く(アップデートでいくらか改善)、電池駆動時間は理論値最大3時間で、実際には2時間程度しか持ちませんでしたので、正直微妙でした。もしこの辺りの弱点が改善されているとすれば、非常に気になるところ。Xperia 1とあわせて使ってみたいですね。

 この製品は欧州で3週間以内に、価格249ユーロ(約3万円)で発売されるようです。国内登場が待ち遠しいですね。

正式発表されました→ついにキタッ!最高クラスのノイキャン性能、最大6時間連続再生可能、完全独立型イヤホン「WF-1000XM3」登場!