特価:au版Xperia XZ3が機変4万3200円!縛りナシの値下げ すまほん!!

 いよいよ出てきたソニーの本気スマホ「Xperia 1」。読者の皆さんはサクッと国際版なり国内版なりを一括払いで買っていることでしょうが、世の中には、10万円超えの最新のハイエンドは手を出しにくいと考える人も少なくありません。

 そんな人におすすめなのが前モデル「Xperia XZ3」です。

 SoftBankでは定価11万円ほどの機種でしたが、現在、6万4800円で販売中です。

 そして、特に注目なのがKDDI版のXperia XZ3 SOV39で、こちらはなんと4万3200円にまで値下げされています。

 決してMNP限定ではなく、機種変更でもこの価格です。

 これまでauではXperia XZ3を割引するにあたって、「au購入サポート」と呼ばれる期間拘束を強いてきました。1年以内の指定プラン以外へのプラン変更や機種変更、解約で違約金を徴収するという縛りです。

 しかし今回、こうした「au購入サポート」無しで4万3200円にまで値下がりしているため、端末割引による縛りもなく、非常に買いやすくなっています。これなら次の欲しい機種が突然出てきても安心ですね。

 Xperia XZ3は、WQHD有機ELディスプレイを搭載、Qiワイヤレス充電に対応、Snapdragon 845搭載など高性能なモデルです。

 指紋認証センサーの位置が悪い、カメラ画質や電池持続時間がさほど良くない、といった欠点もありますが、逆に言えば、欠点が気にならない人には、今がお買い得というわけですね。

 Xperia XZ2はラウンドデザインなのに液晶採用、いまひとつパッとしないカラーリングなど、本当に何がしたいのか徹頭徹尾意味不明でしたが、Xperia XZ3は曲げやすいプラスチックOLEDを採用しエッジ形状でラウンドデザインに整合させつつ、黒ベゼルで前面を調和、カラーリングのボルドーレッドやフォレストグリーンは美しく、これはこれで魅力的なデザインに仕上がっています。最初からこれで、生体認証が背面ではなく画面内か顔認証なら、アンビエントフローがここまで叩かれることもなかったでしょう。

 キャリア端末の購入はオンラインショップがおすすめ。ただしau Online Shopは一括払いが選択できず非常に不便な仕様のため、注意が必要です。総務省は値引き上限2万円規制とかいう愚策をやっていないで、こういう不便なところにツッコんでほしいですね。

auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。購入はオンラインショップで。(解説