リークされまくりのPixel 4、Googleが公開。長年開発した「Project Soli」の技術で触らず操作可能 すまほん!!

 Googleは、開発中の次期Pixel 4に関する情報を公開しました。

 画面上部に顔解錠IRカメラ×2、顔解錠Dotプロジェクター、顔解錠Flood照射装置、インカメラ、環境光/近接センサー、Soliレーダーチップを搭載します。大量のセンサーが搭載されていることがわかります。

 過去5年間、GoogleのATAPチームは、手の動きをレーダーで追従しデバイスを操作する「Project Soli」に取り組んできました。Pixel 4の上部にミニチュア版Soliを搭載することで、手を振るだけで曲のスキップ、アラームのスヌーズ、通話の停止といった動作を可能にする「Motion Sense機能」に対応したとのこと。Motion Senseによってできることは今後も拡大していくとしています。

Sponsored Links

 Pixel 3シリーズまでは非対応だった顔認識認証に対応。通常のスマートフォンでは顔の前に持っていってポーズを取ってから顔認識が始まるのに対して、Pixel 4は持ったと同時に解錠が始まるとのこと。端末が上下逆さまでも、あらゆる方向でも機能するとしています。顔認識解錠用の顔情報はTitan Mセキュリティチップに保存し、他のGoogleサービスに共有されたりはしないとしています。

 正式発表前にも関わらず、レンダリングや顔認識対応などのリークが相次いでいたPixel 4ですが、バレてしまった情報に関しては、Google自ら公式情報で追認する流れが続いています。

(左:OnLeaks&Pricebabaのリーク, 右:3日後にGoogle公式が公開)

 噂が大好きなユーザーたちの心理をうまく活用した新しいプロモーションと言えるかもしれません。

 Project Soliの動画は以下。

Pixelをオンラインショップで購入。(解説
docomoオンラインショップ SoftBankオンラインショップ Google Store