噂:来年のiPhoneは120Hzのなめらかディスプレイ搭載か? すまほん!!

 有名リーカーIce Universe氏は、Appleが2020年のスマートフォンに、リフレッシュレート 60Hz/120Hzの切り替えが可能なスクリーンを搭載するとリークしました。

 既にこの件についてSamsungやLGといったパネルメーカーと協議し検討しているとのこと。

 これについてBen Geskin氏は、このディスプレイが「ProMotion」の名前を持つことを補足しています。

 既にAppleはタブレットにおいて、120Hzのリフレッシュレートに対応した液晶を搭載するiPad Proを発売しており、ProMotionなるブランディングをしているので、これをスマートフォンにおいても継承するのでしょう。

 スマートフォンにおいて120Hzを実現する機種は全て液晶搭載です。市場に出ている機種としては、有機ELは90Hzが限度。当然ながら有機EL搭載の上位モデルから高リフレッシュレート対応をしてくるでしょうから、有機EL 120Hzのパネルを搭載してくるものと予想できます。

 リフレッシュレートが高ければ高いほど、滑らかに描画でき、特にゲームでは絶大な威力を発揮します。一方で高い処理性能と電池消費が懸念されます。特定場面では高いリフレッシュレート、そうではない場面では低いリフレッシュレートに切り替えることで、バランスを持たせることが想定されます。