噂:Xperia 2、9月のIFA2019で発表。小型化・ワイヤレス充電対応 すまほん!!

 海外情報サイト「Android Headlines」は、2019年9月にドイツのベルリンにて開催される「IFA 2019」にて、Xperia 2を発表する準備をしていると伝えました。ソースは「情報筋」とし、情報の信憑性は不明です。

 Xperia 1の型番はJ8110ですが、新しいUser Agent ProfileからJ8210とJ8010の2モデルが存在するとしています。

Sponsored Links

 このうち、J8010は4K解像度のハイエンドモデルとのこと。これが噂のXperia 2でしょうか?

 そしてJ8210はFHDとしています。未発表段階でのUser Agent Profileの解像度はあてにならないので、こちらがXperia 20などという名前で噂されているモデルか、Xperia Aceのグローバル版のようなモデルの可能性があります。

 既報としてAndroPlusが「J8010とJ8910は、Snapdragon 855+X50モデム(5G対応モデム)を搭載している」と伝えていましたので、Xperia 2には5Gモデルが存在する可能性が高そうです。

 J8910は今のところ5G対応であるということ以外はよくわかっていませんね。

 Xperia 1はカメラ突起を中央部に構えていますが、OnLeaksによれば、Xperia 2は21:9のアスペクト比の6.1インチディスプレイを搭載、カメラ突起は端に配置されるとリークされています。

(画像出典:Cashcaro

Sponsored Links

 その他のスペックは実行6GBメモリ、Qualcomm Snapdragon 855、ワイヤレス充電対応、3000mAh電池。指紋認証センサーは側面。厚さ9.2mmとのことですが、これはカメラ突起部分の「最厚部」という情報もあります。

 Xperia 2は、Xperia 1と比べると「画面サイズが小さくなって、ワイヤレス充電に対応し、ほんの少し厚みが増し、電池容量が減ったモデル」と考えられます。イマイチな変更に思いますが、ワイヤレス充電は日常利用で便利、サイズが小さい方が持ちやすいといった良い点もあります。

 やはりMWCでは「尖った最上級旗艦」、IFAでは「大衆向け旗艦」を発表していくのかもしれません。そうであるとすれば、「年2回の旗艦投入、いつ買えばいいのか意味不明」というユーザーをひたすら困惑させ続けたラインナップにも改善が入ることになります。

 ただ、Xperia 2にも5Gモデルが存在するとすれば、相変わらず一部のユーザーにとっては買い替えサイクルの悩みのタネになりそうですね。

Sponsored Links

 Android Headlinesは、噂通り、Xperia 2がOLEDを搭載し、もう一方は手頃な価格で販売するため液晶を搭載すると推定しています。

 これらはあくまで噂に過ぎませんが、Sony Mobileは長年IFAのタイミングで必ず何かしら発表して続けてきているので、傾向から例年通り新機種を発表することは間違いないでしょう。IFA2019の開催期間は9月6日から9月12日です。

Xperiaをオンラインで購入する。(解説
ドコモ au SB Y! UQ 楽天 ETOREN