タブレット初のパンチホール!?「マルクス」ことHuawei MediaPad M7がリーク すまほん!!

 海外サイト91mobilesは、信頼できる情報源を元に、独占情報記事として、Huaweiの次期タブレット端末「Huawei MediaPad M7」について伝えました。

 それによると、このタブレットはHuawei内部では開発コードネーム「Marx」の名で呼ばれているとのこと。科学的社会主義を提唱し、資本論を著したドイツ出身の思想家Karl Marx(カール・マルクス)が由来でしょうか。

(Karl Marx)

 そういえば歴史上の人物の名前としては、SamsungのGalaxy Note10の開発コードネームも、HuaweiのAIアーキテクチャも、どちらもDa Vinciの名を冠していましたね。閑話休題。

 さて、以下が91mobilesによってリークされたレンダリング。画面左上にフロントカメラのパンチホールを確認できます。

Sponsored Links

 このレンダリングどおりであれば、パンチホールを備えた初のタブレットとなるかもしれません。iPad Proにおいてはノッチなしでベゼルレスデザインを実現しており、タブレットでわざわざ画面に穴をあける意味がわかりませんが、91mobilesはこのレンダリングは、周囲ベゼルをより狭くし、画面内指紋認証センサー搭載を示唆しているのではと推測します。

 磁気キーボードやMペンスタイラスに対応。Mペンが側面部に貼り付けられていることから、iPad Proのようにワイヤレス充電できる可能性があります。

 発売時期は不明であるものの、SoCはKirin 990、実行8GBメモリ、最大256GBストレージになるといいます。