カラー電子ペーパー搭載!「BOOX Note Air3 C」を販売開始

掲載日時: 2023/11/05(日) 13:46

 中国ONYX Internationalの正規代理店であるSKT株式会社は、10.3インチのカラー電子ペーパータブレット「BOOX Note Air3 C」の国内販売を開始しました。10月27日より、SKTNETSHOP・Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングにて購入可能です。

 前モデルにあたる「BOOX Note Air2 Plus」と比べて、「BOOX Note Air3 C」は15g軽量化されているなど、さまざまな進化が見られます。なお、本体の厚みは5.8mmと、前モデルの薄さを維持している点が特徴的です。

 大きな変化として、前モデルが16段調グレーのモノクロスクリーンであったのに対し、新モデルでは4096色の鮮やかなカラースクリーンを採用しています。解像度も前モデルと比べて向上しており、より幅広い用途で使うことが可能です。

 本体にマグネットで取り付けて持ち運び可能なスタイラスペンが付属し、ノート作成や読書中のメモ書きなどに使用することができます。

 また、新しく採用された特殊保護フィルムによって、本物の紙に書いているような書き心地を実現しているとのこと。手書き文字をテキストに変換して共有する機能や、ノートを簡単に検索できる機能も搭載されており、手書きノート作成が捗ります。

 他にも、同モデルは独立GPUのBSR(BOOX Super Refresh)を搭載しており、読書やノート作成でのスムーズな動作感を実現しています。

 搭載OSはAndroid 12で、内蔵ストレージは64GB。最大2TBのmicroSDXCカードに対応しているため、使用にあたって容量が制約となることはなさそうです。

 価格はSKTNETSHOPにて税込8万6800円となっており、保護ケースが付属します。

OS Android 12
SoC Qualcomm製オクタコア(2.4GHz)
メモリ 4GB
容量 64GB
画面 10.3型 (2480 × 1860,1240 × 930)
カメラ 非搭載
インカメラ 非搭載
電池 3700mAh
寸法 226 × 193 × 5.8mm, 430g
情報元PRTimesBOOX

おすすめ記事

楽天モバイルがインフレ1.4%抑えた?ついに初の「家族割」導入へ

2024-02-13 16:48:22會原

取材記事家族割最強家族プログラム楽天楽天モバイル

楽天モバイルは、2024年2月13日、東京都にて新サービスに関する記者説明会を開催。「最強家族プログラム」を発表しました。楽天モバイル株式会社 代表取締役会長三木谷浩史氏が登壇、これまでの楽天モバイルの歩みを振り返りつつ、新しい家族割引サービスについて説明しました。楽天モバイルは2020年4月にMNOとして参入。2023年6月1日からは「楽天最強プラン」を提供。携帯サービスの民主化を目指し、使わな...

世界初Qi2対応!Belkin無線充電パッド「Belkin Qi2 2in1」レビュー

2024-02-16 23:53:19會原

BelkinMagSafeQi2レビュー

Belkinからワイヤレス充電器「Belkin Qi2 2in1(グローバル製品名:BoostCharge Pro)」を提供していただいたのでレビューします。今回の提供品は黒色。表面はマットでサラサラ。十分な重さがあります。底面。滑り止めがついています。側面(上側)の端子から入力。Qiが使えるようになります。右側は5W無線充電。AirPodsを置くことが推奨されていますが、もちろん無線充電対応の他...

KDDI、5G Sub6エリアを2倍に!通信品質への取り組みを説明

2024-02-15 11:58:03會原

5G5G Sub6auKDDIパケ止まり

KDDIは、通信品質に関する説明会を実施しました。普及期は5G面的整備後に5G新周波数エリアを拡大するのが展開コンセプト。初期にはまずはエリアを広げるため4G転用も先行し、ローバンドミッドバンドで面を作ってきた。いよいよ5G普及期。5G導入期は生活動線を優先して鉄道・商業地域を重点整備。コロナで人流止まったが、アフターコロナで復活、人流が増えたがauは人流回復にも合致して対応できた。古いシステムと...

端末レンタル「いつでもカエドキプログラム」実使用レポ。返却までやってみた

2024-02-13 20:40:10Jiyoung

MNPNTT docomoいつでもカエドキプログラムレビュー

docomoでは残価設定型24回の分割払いでスマホを購入し、23ヶ月目までに返却すると24回目の分割支払金の支払いが不要になる「いつでもカエドキプログラム」なるものがあります。よく、自動車を購入する際に残価設定ローンを勧められますが、それのスマホ版という認識で筆者は考えています。残クレ方式で契約すると端末は自分の所有物ではないようなものですし、故障した際は別途で料金を取られるなど、いろいろ注意すべ...

カテゴリー