噂:Huawei、制裁逃れで5G後付け対応ケース開発か? すまほん!!

 米国による制裁からずる賢く立ち回るHuawei。その制裁の影響でスマホは大半が5G非対応となっていますが、それすらも解決してしまうかもしれません。

 Phone Arenaが伝えたところによると、Huaweiは同社フラッグシップで5G非対応のP50シリーズ用に「5Gに対応させる機能を持つケース」を開発しているとのこと。

 また、中国のITHomeはこのケースの写真を紹介しています。本体背面には5Gマークが見えるほか、ケース自体もかなり分厚く、さらに給電のためかUSB-Cポートをケース側で用意しているようです。

 こういった「スマホに外付けのケースなどで機能を追加する」という発想はすでにMotorolaの「moto mods」などでみられます。しかしこういったアイテムはたいてい金属や磁気での接点が必要。P50ではそういった接点は見当たらなかったので、このケースはおそらくもともとのUSB-Cポートを用いて5G通信に対応させているのでしょう。重量やデザインの観点からも実用性には疑問が残ります。

5G moto mods

 HuaweiはSnapdragon 888から5Gを省いたチップを採用したり、サブブランドだったHONORを独立させたりと、米国からの制裁を逃れる手法は多岐に渡っています。しかしそれだけにとどまらずパートナー企業と合同でスマホを販売、チップの供給は制裁対象外のパートナー企業に任せる智選シリーズを用意するなどしています。

こんな記事も読まれています

「moto g30」国内発売。Snapdragon 662搭載、メインカメラは6400万画素

スナドラ888+搭載のmoto g200など大量投入

moto g31国内発表。5Gには非対応、5000mAh電池搭載

Moto G Stylus(2022)まもなく登場か?詳細がリークされる