第5世代iPad Airは有機ELディスプレイ採用か? すまほん!!

 Appleは、有機ELディスプレイを搭載した10.86インチiPadの発売を来年に計画していると韓国のテックメディアであるThe Elecが伝えています。現行のiPad Airと同サイズとなっていることから、次世代iPad Airへの搭載が考えられます。

 さらに2023年には、有機ELディスプレイを採用したiPadのラインナップが増えるとのこと。

 2022年に発売するiPadに搭載される有機ELディスプレイはリジッドタイプが採用されると予想。リジッドタイプはフレキシブルタイプに比べ搭載コストが安いことがメリットの一つ。

 一方で、2023年に発売される有機EL搭載iPadには、iPhoneにも採用されているフレキシブルタイプが採用されるとThe Elecは予想しています。フレキシブルタイプの有機ELは、その名の通り折り曲げることが可能。折り曲げられることで、ベゼルレス化に貢献でき、さらにLTPOディスプレイを採用する可能性もあるとのこと。LTPOディスプレイの採用によりProMotionが実装可能に。

 Apple関連の情報に詳しいアナリストのMing Chi Kuo氏も以前、2022年に発売されるiPad Airには有機ELが搭載されると伝えておりThe Elecの報じた内容と一致しています。

 今年の5月に発売された、ミニLEDを採用したiPad Pro12.9インチは大きな注目を集めましたが、11インチモデルにはミニLEDを搭載しませんでした。

 液晶ディスプレイのiPadには飽きたけど12.9インチは大きすぎる、と考える人たちのためにも、11インチクラスであるiPad Air等に有機ELが採用され、よりハイコントラストで美しい映像を手軽に楽しめるようになると良いですね。