噂:さらなるマルチコア化を遂げる「Appleシリコン」。128コアGPU搭載の新型Mac Proも開発か? すまほん!!

 Appleは「新型MacBook Pro」「新型iMac」を2021年に発売すると、海外メディアBloombergが報じました。これらにはIntel製チップではなく、新型のAppleシリコンチップが搭載されるとのこと。

 既にAppleシリコンチップ「M1」を搭載したMacBookが発売されたばかりですが、いずれも非常に高いパフォーマンスを誇っており、Intel製チップ搭載の従来型MacBook Proをも凌ぐ性能を見せつけています。

 新型iMacには、エントリーモデルとハイエンドモデルが存在するとのこと。現状のラインナップでも、通常のiMacと、ハイエンドのiMac Proが存在しており、こうしたラインナップが維持されることがわかります。

 また、プロフェッショナル向けのモデル「Mac Pro」は、従来のIntelプロセッサのモデルと比べて、筐体サイズは半分の大きさへと小型化。搭載チップは、32コアのAppleシリコンとのこと。このチップはハイエンドiMacにも搭載されるのだとか。

 ちなみに現行のM1チップは、8コアCPUと8コア(一部7コア)GPUによって構成されているので、32コアというコア数がいかに多いか、おわかりになるでしょう。

 またBloombergが報じるところによれば2022年のMacは、Mac Proが64コアまたは128コアのGPUコアを、そしてハイエンドMacBookやミッドレンジiMacが、16コアまたは32コアを搭載するとのこと。

 その高性能さから、ただでさえインパクトの大きかったM1チップ。これらを上回るApple Siliconを搭載したMac、今から楽しみでなりません。

(編集・校閲: ivara)