Realme X7 Max 5G 正式発表。Dimensity 1200搭載、50W急速充電対応 すまほん!!

 Realmeが仮発表していたスマートフォン「Realme X7 Max 5G」が5月31日に正式発表されました。Realme X7 Max 5Gは中国で「Realme GT Neo」として販売されているモデルのインド版となります。

 Realme X7 Max 5GのSoCは、インド市場においてはじめてMediaTekのDimensity 1200を採用。(1×3.0 GHz Cortex-A78 & 3×2.6 GHz Cortex-A78 & 4×2.0 GHz Cortex-A55)といった構成で、公式が計測したAntutuベンチマークは70万6000点を叩き出したといいます。メモリは8/12GBとなっており、Realme GT Neoと比較してラインナップはやや少なくなっています。ストレージは128/256GB,UFS3.1と、こちらはGT Neoとの差異はありません。

 ディスプレイは6.43インチの有機ELフルHD+(20:9,1080×2400)で、リフレッシュレートは120Hz、タッチサンプリングレートは360Hzと、高い処理性能を十分に生かせるものとなっています。

 カメラは6400万画素メイン+800万画素超広角+200万画素マクロの三眼構成となっており、最大4K/60fpsでの撮影に対応しています。インカメラは1600万画素と、カメラの構成には特に力を入れず、その分コストを抑えている印象。

 バッテリーは4500mAhで、最大50Wでの有線充電に対応しており、0-50%を16分で充電することが可能なようです。

 そのほかには、画面内指紋認証やステレオスピーカー、NFCや3.5mmイヤホンジャックを備え、Wi-Fi 6&Bluetooth 5.1に対応。名前の通り5Gにも対応し、DSDSにも対応していますが、バンドは現地の必要最低限で、例のごとくソフトバンクが提供しているバンドのみ使用可能です。

 本体色はMercury Silver, Asteroid Black, Milky Wayの三種類。GT Neoとラインナップに違いはありません。価格はメモリ8GB/ストレージ128GBのモデルが26999ルピー(日本円で4万円)、メモリ12GB/ストレージ256GBのモデルが29999ルピー(日本円で4万5000円)となっています。正直な話、Realme GT Neoのメモリ8GB/ストレージ128GBモデルが1999元(3万5000円)で、内容はほとんど変わらないにもかかわらずこのレベルの値上げになったのはやや残念に感じます。

 以下、スペック表。

  Realme X7 Max 5G  Realme GT Neo
OS Android 11
SoC Dimensity 1200(3GHz+2.6GHz+2GHz)
メモリ 8/12GB 6/8/12GB
容量 128/256GB
画面 6.4型OLED,120Hzリフレッシュレート,360Hzタッチサンプリングレート
カメラ 6400万メイン+800万超広角+200万マクロ
インカメラ 1600万画素
電池 4500mAh,50W急速充電
寸法 158.5×73.3×8.4mm,179g
5G N1/N28A/N40/N41/N77/N78/N79
LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B28A/B34/B38/B39/B40/B41
3G B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19 WCDMA: B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19 CDMA BC0 CDMA2000 BC0
その他 指紋認証、NFC、Wi-Fi 6
本体色 Mercury Silver,Asteroid Black,Milky Way
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP