コヴィア、4.5型コンパクトモデル「FLEAZ Que」発表。電池着脱可、1万円を切る激安

 Coviaは、SIMフリースマートフォン「FLEAZ Que(フリーズキュー) CP-L45s」を日本国内市場にて発売しました。出荷時のOSはAndroid 6.0ですが、Android 7.0へのアップデート保証が明言されています。

freez-direct_30_1

 WVGA解像度の4.5インチIPSディスプレイを搭載し、幅66.5mmに収めたコンパクトモデル。重量は約125g。価格はわずか1万3800円税別とリーズナブルです。

 プロセッサはMediaTek MT6735A 1.3GHz クアッドコア、実行メモリは2GB、ストレージは16GB、メインカメラとインカメラは500万画素。バッテリーは着脱可能で、容量は2200mAh。

 ジャイロセンサーや電子コンパスを搭載。GPS/GLONASS/屋内測位サービスIndoorAtlasに対応、さらに後日ソフトウェアアップデートで準天頂衛星(QZSS)「みちびき」にも対応します。

 USBは、USBホスト機能(USB-On-the go)に対応しており、マウスやキーボードを有線接続可能です。Wi-Fiはa/b/g/nで5GHz帯にも対応。対応バンドは、W-CDMA B1/B6、LTE B1/B3/B19。

 価格は税別1万3800円。gooSimsellerではOCN モバイル ONEとセットで税別9800円にて販売されます。