全く別物?どう違う?新しい9.7インチiPadとiPad Pro比較

新しい9.7型iPadが登場

スクリーンショット 2018-03-28 1.47.36PNG1280

 本日発表された新しいiPadA10 Fusion搭載やApple Pencil対応など、これiPad Proいらないんじゃ!?と話題沸騰ですが、いえいえ皆さん落ち着いてください。新しいiPadiPad Pro、全く別物ですよ!

Sponsored Links

基本性能

 A10 Fusion搭載と話題ですが、A10 FusioniPhone7iPhone 7 Plusに搭載されたものです。昨年発売された10.5インチ iPad Pro及び第2世代 12.9インチ iPad ProA10 X Fusionを搭載しています。このA10 FusionA10 X Fusion全くと言ってもいいほど別物です。詳しい情報に関しては、以前筆者が書いたiPad Proのレビューを参考ください。

 また気になるディスプレイに関してはApple Pencilに対応したこと以外は第5世代と同じです。iPad Proに搭載された120HzProMotionテクノロジーやDCI P3の色域は非対応。またカメラに関しても第5世代 iPadと同じスペックですので、恐らく変化してないのではないかと思います。

 Smart Keyboardも非対応です。ちなみにAppleのホームページではBluetoothキーボードを使えるよ、と案内しています。

要約すると?

 第5世代iPadと新しく登場した新しいiPadを比較すると、

  • チップセットがA9からA10 Fusionに。
  • Apple Penciが使えるようになった。
  • ゴールドの色味が変更されている。

以上です。

 iPad Proと比較すると、ディスプレイの性能・サイズ・コーティング、本体の大きさ、基本性能、カメラ、スピーカーの数、4GLTE)の最大速度、などなど全くの別物であるということです。

 あくまでベーシックなiPadモデルのプチリニューアルで、Proと張り合うモデルではないということ。昨年Proを購入しているユーザは落ち着いて大丈夫です。損はしていません。

Sponsored Links

新しいiPadはこんな人にオススメ

 とりあえずiPadを使ってみたい、安くでiPadを使いたい、Apple Pencilでメモや軽いお絵かきに使いたい、子供に使わせたい、ハイスペックは不要だ、そんな人にオススメです。ソフトウェアに関してはDockやSplit Viewと言ったiOS 11の目玉機能はProと大差なく使えます。大きくこだわる人でなければ大半の人は第6世代iPadで満足するのではないでしょうか。

 どちらかと言えば、よりiPad Proの用途がProとして擁立されたイメージです。本格的に使うユーザはProを選択し、こだわらないユーザは安くて問題なく使えるiPad。iPadは最安モデル37,800円〜、iPad Proは69,800〜と値段も大きく違います。自分の用途に合ったモデルを選択することで、購入しやすくなったと思います。

 新しいiPad本日より発売ですので、気になるユーザの方はお近くのApple Storeで触ってみてはいかがでしょうか。