5G対応・M1チップ搭載、新iPad Pro発表! すまほん!!

 Appleは、2021年4月20日にオンラインで行われた新製品発表会「Spring Loaded」で、新型のiPad Pro(第5世代)を発表しました。4月30日より予約受付開始し、5月後半に発売。

デザイン

 新しいiPad Pro(第5世代)は、11インチと12.9インチの2つのサイズがあり、カラーはiPad Pro(2020年モデル)と同じ「スペースグレイ」「シルバー」の2つです。先代と比較して、若干本体が厚く、重くなったものの、カメラ部や表面ベゼル等の外観に大きな変更点はなく、今回のiPad Proの大きな注目点はその中身。

ディスプレイ

 iPad Pro(第5世代)の12.9インチモデルでは、ディスプレイに新たに「Liquid Retina XDR」ディスプレイを搭載しています。このディスプレイにはミニLEDが1万個以上使用されており、同社の販売する高級ディスプレイ「Pro Display XDR」のような美しい映像を体験できます。輝度は1000nit、ピーク輝度は1600nit。11インチモデルはLiquid Retina。

仕様

M1チップ搭載!

 第5世代iPad Proでは、これまでのiPadに採用されていた「A」チップに代わり、新たに「M1」チップを搭載されていました。このM1チップは、8コアのCPUと8コアのGPUを搭載する、MacBook AirやMacBook Proにも搭載されている高性能チップです。同社のホームページには「50%早いCPUと40%と早いGPU」と表記。性能は飛躍的に向上しているようです。

 また、実行メモリは内蔵ストレージ容量によって変わり、128・256・512GBモデルは8GB、1TB・2TBモデルは16GBを搭載しています。Wi-Fi版および5G通信対応のWi-Fi+Cellular版を選択可能。

Thunderbolt / USB 4に対応

 iPad Pro(第5世代)は、新たに高速データ転送規格の「Thunderbolt」とUSB 4に対応しました。これによって、データは最大40Gbpsで転送できるほか、使用できる外付けデバイスが大幅に増えました。また、同社のディスプレイ「Pro Display XDR」ヘ6Kのフル解像度で画面を表示することもできます。

諸元表

 バンド表記は型番A2459、A2461のモデル。

  11インチ 12.9インチ
OS iPadOS 14
SoC Apple M1
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
8コアGPU
16コアNeural Engine
メモリ 8GB/16GB
容量 128/256/512GB
1TB/2TB
画面 11型 (2,388 x 1,668)
IPS LED
600nit
型 (2,732 x 2,048)
Liquid Retina XDR
IPS ミニLED
2596分割直下型2Dバックライトシステム
600nit
フルスクリーン最大輝度1000nit
ピーク輝度1600ニト(HDR)
カメラ 広角:12MP、ƒ/1.8絞り値
超広角:10MP、ƒ/2.4絞り値、125°視野角
2倍の光学ズームアウト
LiDARスキャナ
インカメラ 万画素
電池 28.65Wh 40.88Wh
寸法 178.5 × 247.6 × 5.9 mm, 466g
(Cellular 468g)
214.9 × 280.6 × 6.4 mm, 682g
(Cellular 684g)
5G n1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28
n38、n40、n41、n66、n71、n77、n78、n79
LTE B1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19
20、21、25、26、2829、30、32、66、71
34、38、39、40、41、42、46、48
3G 850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz
その他 Face ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
eSIM

(更新中)