マウスコンピューター、SIMフリーWindows Phone 8.1スマホを「MADOSMA」ブランドで投入。

madosma

 BTOパソコン大手の株式会社マウスコンピューターは、スマートフォンブランド「MADOSMA(マドスマ)」を発表しました。以前よりWindows Phone端末の開発契約を締結したことを明らかとしており、期待が持たれていましたが、その端末はこのブランドで展開されます。

 以前公開された画像よりも、各種ロゴやナビゲーションキーが書き加えられ、より製品に近いものとなっています。

img_gallery

 

 OSはWindows Phone 8.1 Update、ディスプレイは5インチHD IPS、SoC、はSnapdragon 410 クアッドコア 1.2GHz、実行用メモリ1GB、ストレージ8GB。重量は125g。バッテリー容量は2300mAhで、着脱式。

 通信はW-CDMAはBAND 1 / 8 / 19(6)、LTEはBand 1 / 3 / 19に対応します。

 発売日はまだ未定ですが、発売が待ち遠しいところ。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus