世界初・実行用6GBメモリ搭載スマホ「vivo Xplay5」発表。容量3600mAh電池、ダブルエッジ有機EL

vivo-Xplay5

 中国メーカーBBK(歩歩高)は、Androidスマートフォン「Xplay5」を正式発表しました。

 モデルは2種類存在しており、実行用4GBメモリのモデルはSnapdragon 652を搭載、メモリ6GBモデルはSnapdragon 820を搭載します。

 6GBの実行用メモリを搭載したスマートフォンはこれまで存在しておらず、おそらく世界初のモデルになるものと思われます。昨年にはSamsungが世界初のスマートフォン向け6GBメモリ 12Gb LPDDR4 DRAMを発表しており、これが搭載されている可能性がありそうです。

 デザインもSamsungのGalaxyに似ており、左右両端がエッジ形状に。

xplay5

 ディスプレイは5.43インチ、解像度はWQHD、方式は有機EL。カメラは高速0.1秒の位相オートフォーカス。Galaxyシリーズに搭載されているようなマルチディスプレイ機能も取り入れています。

xplay-5

 背面には指紋認証センサーを搭載します。

vivo-x-play5

 スペックは以下の通り。

OS Android 6.0 Marshmallow
CPU Qualcomm Snapdragon 820 クアッドコア / 625 オクタコア
メモリ 6 / 4 GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 5.43インチWQHD(2560×1440) Super AMOLED
カメラ 1600万画素, f/2.0, デュアルLED, Sony IMX298 
インカメラ  800万画素, f/2.4
 バッテリー 3600mAh
寸法  153.5×76.2×7.59mm, 重量:167.8g
その他  指紋認証センサー
4G, WiFi 802.11 ac,
Bluetooth 4.1, GPS 

 注目の6GBモデルは4288元(現時点のレートで約7万4千円)で販売されます。予約受付開始は3月8日、中国での発売日は3月16日です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus