Windows搭載2in1デバイス「Huawei MateBook」7月15日発売。

 

unnamed (2)

 Huawei Japanは、スタイリッシュで軽量 な2in1デバイス「HUAWEI MateBook」を発売すると発表しました。一般消費者向けと、Windows 10 Pro搭載の法人向けモデルに分かれています。

 OSにはAndroidではなくWindowsを採用。ディスプレイは12インチ、解像度は2160×1440。前面ディスプレイ占有率は84%で、NTSC85%の広色域。スタイラスペンは2048段階の筆圧感知。

 360度全方位に感知する指紋認証機能を側面に搭載。高速な認証が可能です。

unnamed (4)

 プロセッサはIntel Core M。筐体はアルミユニボディで厚み6.9mm、重量は640g。バッテリー容量は4430mAh。デュアルスピーカーはDolvyサラウンド対応。駆動時間は理論値9時間。

unnamed

 カラーバリエーションは、ゴールドとグレーの2色展開。それぞれ価格は以下の通り。

unnamed (1)

 ノートPCのように利用できるキーボードドックは1万4800円(記事中全て税別)で別売り。レーザーポインター機能も備える「Mate Pen」は7800円、ドックアダプタMate Dockは9800円で同じく別売りです。Mate DockはUSBポートやD-sub15ピン/HDMIでの外部出力、LANポートといったインターフェイスを備えています。

 市場想定価格は6万9800円から。発売日は7月15日。

 SamsungもGalaxyブランドにてWindows 10搭載の2in1デバイスを発売しましたが、これもその流れに乗るものと言えそうですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus