ソニー、スマホ向けゲームアプリ参入か

20160401-sie-logo

 日本経済新聞は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE=旧SCE)が、プレイステーション向けのタイトルを、スマートフォン向けゲームとして5作品以上配信すると報じました。

 2018年3月末を目処に、日本とアジア市場に投入するとのこと。タイトルは年内にも公表するそうです。

 ソニーは過去にPlayStation Mobileというプラットフォームを展開し、そこでPS向けゲームを移植して配信していました。同プラットフォームは比較的開発のしやすいプログラミング言語で、PlayStation VITAとAndroidスマホにゲームを配信できるという触れ込みで期待される存在でした。

 しかし実際には普及することもなければ、PS VITAとの相乗効果もなく、昨年終了しました。そう考えると、ソニーにとってはスマートフォン向けのゲームに挑戦する二度目の機会とも言えるでしょうか。

 最近では任天堂の「スーパーマリオラン」や「ポケモンGO」が注目を集めています。任天堂が専用の携帯ゲーム機ではなく、スマートフォンという汎用機に向けて、他のアプリと同様に、各OSの公式ストアでゲームアプリを配信するというのは大きな挑戦だったことでしょう。ソニーもPlayStation Mobileという独自の枠組みではなく、App StoreやGoogle Playでアプリとしてゲームを配信するとすれば、大きな一歩を踏み出すことになります。

 モバイルの分野はスマートフォンによって日進月歩で性能が向上してきました。ソニーにとって携帯ゲーム機といえば、PSPやPS VITAであったわけですが、今やXperiaや他社のスマートフォンという高性能な携帯機器が若者にとってエンターテイメントの中心となっている現実を踏まえれば、ゲーム専用の携帯ハードウェアをソニー自ら出す意義というのは薄れています。今回の報道は、携帯ゲーム機ビジネスとの兼ね合いも含めて気になるところです。

  • 詳しく読む

この記事にコメントする

comments powered by Disqus