クアルコム、ミドル帯「Snapdragon 720G / 662 / 460」新たに発表 すまほん!!

 Qualcommがモバイル向けに新しくSnapdragon 720G / 662 / 460 を発表しました。今回発表されたプロセッサの性能としては、ローエンドからミッドハイという中間層のモデルです。

 これらの3つのSocは4G通信はもちろんのこと、高速なWi-Fi規格である「Wi-Fi 6」や「Bluetooth 5.1」にも対応。さらにインドの測位衛星「NavIC」からの位置情報が取得可能な、初めての製品でもあります。

Sponsored Links

Snapdragon 720G

 Snapdragon 720Gは、Snapdragon 765 / 765Gとは違い、8nmのプロセッサとなっており、Snapdragon X15 LTEモデムを搭載しています。

 Snapdragon X15では、「4×4 MIMO」および最大800Mbpsのダウンロード速度を誇る「256-QAM」に対応しています。

 また、765Gと同様に720Gでも「Qualcomm Snapdragon Elite Gaming」に対応していますので、「HDRゲーム」、「Qualcomm aptX Adaptive」などの機能が使用可能となっています。

Snapdragon 662

 Snapdragon 662では、トリプルカメラとHEIF画像キャプチャをサポートするSpectra 340T ISPが搭載されています。

 Snapdragon 662には、2-CA、2×2 MIMO、256-QAM、および最大390Mbpsのダウンロード速度を備えたSnapdragon X11 LTEを搭載しています。

Sponsored Links

Snapdragon 460

 Snapdragon 460では、Snapdragon 450と比べてCPUは70%性能が向上し、GPUは60%性能が向上しています。

 4xxシリーズでは初めて第3世代のQualcomm AI Engine HVXおよびSpectra 340 ISPを搭載し、4G通信にはX11 LTEモデムを搭載しています。

 Snapdragon 720Gベースのデバイスは、Xiaomiが初めて発売する予定とのことで、Snapdragon 662と460を搭載した機種は今現在は未定ですが、今年中には発表されるかと思います。